料金の決まり方

急なトラブル…早く電話しなきゃ。。でもいくらかかるのか心配…

「トイレが詰まった!」「蛇口から水が止まらない!」
今まで何ともなかったのに・・・急にトラブルが起こってしまった。
自分では直せないし・・・業者に依頼するといくらかかるのかしら・・・
皆さんは今まさにそんなお気持ちでご覧いただいていると思います。

当社のコールセンターに入電するお電話の多くは
「直すのにだいたいいくら位掛かりますか?」とご心配されています。
同じ立場ならば皆さんと同じように、今すぐ直してほしいけど、金額が気になるのは当然のことと思います。

ここでは、当社の作業料金についての基本的な考え方や、決まり方をお話しさせて頂きたいと思います。
(あくまでも当社のプライスポリシーとなります。業者様各社によって料金の取り決めが相違しますので、他社に依頼される方は参考程度にしてください。)

1.修理作業の基本的な考え方

皆さんは身体の具合が悪くなって、お医者さんに受診されたご経験があると思います。
私たちの仕事は、突然トラブルに見舞われた箇所をすぐに解決する使命があることから、
お医者さんに似ていると思っています。

私たちは「〇〇が 100 円」のような小売業と違って、その症状により「今何をすればベストか」を決めます。
時には修理するための材料を使ったり、高額な機械を使用したりすることもあります。
そこではじめて料金が積算できることとなります。

皆さんはお医者さんに診てもらう時、受診する前から「いくら掛かるんですか?」とは聞かないですよね。
それは、皆さんが「お医者さんに診てもらわないことには治療費や通う回数はわからないもの」
と広く理解されているからと思います。

要するに、私たちの世界でも、
「実際に現場に訪問してプロの視点から症状を確認しないと何をしていいかわからない」のです。
そのことから当社では、お見積もりにお伺いするのは無料で行っております。
それでも、
「そう言われればそうだが、いったいいくら掛かるかわからないと心配でどこに頼んだらいいかわからないよ」
と思っておられる方が多いと思います。

我々の業界は「悪徳業者が一定数存在する」ことがお医者さんの世界と相違するところで、
皆さんのご不安になってしまうところが困ったところです。
ここで当社の料金表に沿って修理作業料金の決まり方(当社のお見積もり方法)を解説したいと思いますので、
トラブルに見舞われた際のご参考にしていただけたらと思います。

2.症状によるお見積もりの決まり方

ここでは、具体的なケースを挙げて、当社の料金の決まり方をご覧いただきたいと思います。
作業の料金というものは、日常起こることではないために、
皆さんに「レタスが高くなった」のような「相場感」というものがなく、
これが皆さんが不安になってしまう要因の一つではないかと考えます。

業者の数だけ料金表があり、中にはザックリした料金の所もあるでしょう。
他社のことはわかりませんが、当社の修理作業料金はこのように積算していますよ、
という「決まり方」をお知らせしたいと思います。

※下記のケースは平日 9:00~19:00 のご訪問で、現場距離や駐車料金、消費税は含まれておりません。症状によって料金が変化しますのでご了承下さい。

ケース1 蛇口の水漏れ(庭の単水栓がポタポタ止まらない)

A社¥8,000
当社単水栓パッキン交換 1 箇所 ¥4,000+出張費 ¥2,000
=¥6,000

ケース2 トイレの詰まり(トイレットペーパーが詰まった)

B社¥8,000
当社詰まり除去基本料金 ¥5,000+機器使用料 ¥2,000+出張費 ¥2,000
=合計¥9,000

ケース3 トイレの水が止まらない(タンク部品故障)

C社¥8,000
当社材料費(フロートバルブ)¥880+ 部品交換代 ¥5,000+出張費 ¥2,000
=¥7,880

ケース4 キッチンシンクの流れが悪い(固まった油脂や汚れの詰まり)

D社高圧洗浄 ¥35,000
当社:詰まり除去基本料金 ¥5,000+ 機器使用料(FRE)¥10,000 + 出張費 ¥2,000
=¥17,000

このように、修理を請け負う業者には「この作業は一式〇〇円」といったところと、
当社のような「作業内容によって細かいプライスリストがある」ところと2通りが存在します。

当社の積算方法は、上記のように、作業の時間や使用部材の有無、使用機材の有無によって決まります。
例えば蛇口のパッキン一つでも、お使いの蛇口によっては使用されているパッキンの形が違い、
安価な普及品もあれば珍しい部材を使用していることもあります。

詰まり除去にも、トイレにペーパーを流しすぎて詰まった方と、
流してはいけない異物を流してしまった方では作業方法が違い、よって料金も変化します。

管理が難しい、現場スタッフがわかりやすいように…などザックリしている所もあるでしょう。
一方で、簡単であれば安価で、部材使用や複雑な作業があれば高くなる、
というように作業のメニューによって料金が変化することがスタンダードではないかと当社は考えます。

3 まとめ

たとえ何十年も業界にいるベテランでも、お電話や写真で判断できることは限られます。
上記に記載させていただきましたように、お電話を頂いただけでは様々なことが考えられることから、
料金の幅が大きくなってしまいます。
当社も含めて「見積無料です」の大部分の業者は、
「現場で出させてもらうお見積もりで他社と判断していただきたい」と思っています。
当社では、お客様が「結局伺わないと正確な見積が出せないので断られても仕方ない」と思っています。
もっと気軽に依頼していただきたいです。

最後になりますが、こういった考えで気軽に依頼されてはどうでしょうか。

  • 緊急事態で今すぐ直してほしい→すぐに来てくれる業者(スピード重視)
  • 今すぐじゃなくてもいいが良心的で安価な業者がいい
    →応対が良い・料金が安い業者(見積を取ってみる 見積無料が前提)

※技能の有無は、あることが当たり前なので割愛しております。

相談・お見積もり無料!
お気軽にお問い合わせ下さい

  • 0120-324-747
  • メールでお問い合わせ
ページトップへ